任意保険と自賠責保険

自動車保険には大きく分けて2種類あります。
●加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険
●任意自動車保険(任意保険)
の二つです。

自賠責保険は、事故の時、被害者等に支払う賠償金を確保するためのもので、保証される金額は、
傷害で最高120万、
死亡の場合最高3000万、
重度後遺障害で最高4000万円です。
法律で義務になっていますので加入しないと車検も通りません。

補償の上限額が決まっているので、それを超過した場合は自己負担となります。

自賠責保険の補償の限界をカバーするのが任意保険です。
任意保険にはいくつか種類がありますが、整理してみると、
● 死亡させた場合に、自賠責保険を超える額を保証する対人賠償保険
● 他人の車や物などの損害に対する対物賠償保険
● 運転者、同乗者問わず、車に乗っていた人を対象に支払われる搭乗者傷害保険
● 単独事故などで怪我をした場合に支払われる自損事故保険
● 相手が無保険だったり当て逃げされたりなどといった「無保険車」との事故で十分な 保証が受けられない場合の無保険車傷害保険
● 偶然の事故で自分の車が損害を受けたとき、修理代が支払われる車両保険
などがあります。

何か複雑に見えますが、要するにどんな事故で誰が、または何が」保証されのか、という点の違いです。
また、これらのいくつかを組み合わせたものや、人身傷害補償保険と呼ばれる「完全保証タイプ」も販売されています。保険料はその分割高ですが、補償は十分のようです。

対人賠償保険

自賠責保険の支払い限度額は、死亡事故の場 合3000万円、重度後遺障害の場合4000万円と決められています。

自動車保険の対人賠償保険は、歩行者、同乗者、または他のクルマに乗っている「他人」を死亡、負傷させて法律上の損害 賠償責任を負った場合、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について支払われる、いわば任意保険の中心的な柱となるもので、まさに自賠責保険の不足分をカバーする役割を担います。

対人賠償保険の支払い対象は、「他人」つまり「被保険者(保険加入者)」以外の人であり、加入者自身(被保険者)は対人賠償の対象にはなりません。

基本的に、契約者の配偶者や子供、同居の親族も被保険者の扱いとなり、対人賠償の対象にはなりません。

たとえば、家族と一緒のドライブで単独事故を起こした場合、同乗の妻や子供がケガ をしても、そのクルマの対人保険金は支払われません。

また被保険者の許可のもとにクルマを使用している人も、例えばあなたの了解の下に友人等が運転して事故を起こし、友人が怪我をした場合も、保険金は支払われませんので、注意が必要です。

対物賠償保険

対物賠償保険は、交通事故を起こして、事故の相手のクルマをはじめ、ガードレールや電柱などの構築物、また住宅や商店などの建築物に、破損、汚損、滅失などの損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われるというものです。

保険金は、他人のモノに損害を与えたことにより負担する賠償金について、1回の事故につき、契約の保険金額を限度に支払われますが、修理費等の直接損害だけでなく、その結果生じた休業損害、代車費用等の間接的な損害額も保険金の支払い対象となります。

ただし、対人賠償保険の場合にも、契約者本人や家族等は「被保険者」であり、「被保険者」の損害は補償の対象にならないことを説明しましたが、この対物賠償保険の場合も、自分つまり契約者本人や親族の所有するものの損害には保険金は支払われないことになっていることについて注意する必要があります。

搭乗者傷害保険

対人賠償保険、対物賠償保険は相手方の損害を補償するものですが、搭乗者傷害保険は運転者本人側に支払われる補償です。

自動車保険の搭乗者傷害保険は、事故の過失がどちら側にあるかは問いません。

「搭乗者」という名称のとおり、契約車両に乗っていたドライバーや同乗者(搭乗者)のすべてが補償の対象になります。

ただし、「搭乗者」とは、「正規乗車装置または当該装置のある室内」に搭乗中の人に限られるので、定員オーバーやトラックの荷台への乗車など本来の姿でない乗車の最中に起きた事故で死傷しても、保険金は支払われないことになります。

具体的には、
・ケガを直接の要因として死亡した場合の死亡保険金
・ケガがもとで後遺障害が認められた場合の後遺障害保険金
・ケガの治療のために入院、通院した場合の医療保険金(日額払い)
・症状や傷害の部位に応じて定額(一定の決まった金額)で支払われる医療保険金特約(部位症状別払い)
などが、あらかじめ契約で定められた基準により支払われることになります。

搭乗者傷害保険は定額タイプの保険であり、事故発生の要件が該当すれば過失割合や他の保険からの給付、事故相手からの賠償金などに関係なく、契約で定められた保険金が比較的スピーディーに支払われるのが普通です。

人身傷害保険

人身傷害補償は、契約者(同乗者、家族も含む)がケガをして生じた損害(治療費用・休業補償・慰謝料等)のうち 相手方から支払われない部分を補償する保険です。

一番の特色は示談交渉の状況に関係なく保険金が支払われ、しかも定額払いの搭乗者傷害保険と異なり、自分自身の過失分を含め実際にかかった損害(入院・通院費等の治療費、休業補償、慰謝料など)を補償してもらえる点です。

示談がまとまらない場合、相手方無保険で支払い能力が無い場合などに人身傷害補償が力を発揮します。

また、契約者に過失がある場合の相手方からの不足分や単独事故で相手方がいない事故や追突事故などの場合に大いに役に立つ補償です。

契約者本人とその家族であれば、歩行中や自転車に乗っているときに遭遇する自動車事故の場合も補償されるのも人身傷害保険の特徴です。

保険料は安くはありませんが、余裕があればぜひ加入しておきたい保険といえます。

最近では標準的なモデルにこの人身傷害保険を組み入れているケースが多くなってきています。

自損事故保険

いわゆる「自爆」事故は初心者ドライバーに多いとは限りません。
初心者の運転には緊張感と慎重さがあることから自損事故が少なく、かえって運転に慣れ始めて緊張感が薄れたり変な自信が出てきた頃が危ないということがよく言われます。

相手方のある事故でも、信号待ちの車への追突やセンターライン・オーバーで対向車と衝突という、いわゆる「百ゼロ」(自分の過失割合が100パーセント)事故もあり得ます。

この様な事故の場合、自らの怪我や損害等については、自動車保険の自賠責保険は全く無力であり、任意保険である自損事故保険が重要な役割を果たすことになります。

自動車保険でこの様な場合に非常に頼りになる「自損事故保険」は、対人賠償保険を契約すれば自動的にセットとして付くことになるため、契約するときに改めて保険金額などの設定することもなく、別段の特約保険料を支払うこともなく済んでしまいます。

自動車保険の任意保険に加入している人でも、この「自損事故保険」についてあまり意識していない人や存在自体を良く知らない人も多いのは、このように対人賠償保険とセットになっているからかもしれません。

でもいざというときにドライバー自身を守る非常に頼りになる補償ですので、自分の任意保険における「自損事故保険」の補償内容等を確認しておいたほうがいいでしょう。

自動車保険の「自損事故保険」の補償内容は、通常の場合下記のようになっているはずですが、特約の内容が保険会社各社によって異なる場合があるので、詳細については約款等で確認する必要があります。
・死亡時   1500万円
・後遺傷害  50万円~1500万円(介護の必要が場合350万円が上限)
・入院    1日あたり6000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)
・通院    1日あたり4000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)

酒酔い運転や無免許、また故意の事故等では当然ながら保険金は支払われませんが、万が一自損事故を起こしたときは「自分で起こしてしまった事故だから・・・」とあきらめてしまわずに必ず自動車保険の保険会社に報告を入れ、相談してみるべきでしょう。


このページの先頭へ