走行距離の大小が保険料に影響しない任意保険

軽自動車とはいえ、通勤や車を使う仕事などで年間走行距離がどうしても大きくなってしまう方も多いと思います。

そのような方の場合は、走行距離の違いによって保険料に差が付くことのない自動車保険を選びたいものです。

おすすめは、ズバリSBI損保、三井ダイレクトです。

両者とも、保険料を定めるリスク区分に「走行距離」を採用していません。

走行距離がどれだけ大きくても、通販型の保険料の安さを享受することができます。

一括見積もりで他社と保険料と保険料を比較してみれば具体的にその違いがわかりますし、自分の場合はSBI損保、三井ダイレクトのどちらがより保険料が安くなるのかも知ることができます。

走行距離が小さくて保険料が安くなる場合も注意が必要

走行距離が小さくて保険料割引の恩恵を受けたい場合は、任意保険に加入する時に年間にどのくらいの走行距離を走るかを計算し申告することになります。

転勤などで「マイカー通勤をしていたけれど、これからはバス通勤になる」などという場合は、予想される年間走行距離を計算して任意保険加入の際に申告します。

気をつけなければならないのは、実際の走行が申告距離より長くなる場合です。

保険会社によっては変更手続きが必要になり、変更の申告が適正でなかった場合には補償がされないことがあるので、申告した走行距離を念頭において実際の走行距離に注意をする必要があります。

逆にソニー損保の場合は、申告より走行距離が1000km以上小さくなる場合には『くりこし割引』の適用があります。

乗り放題のおすすめ2社は、このような点に神経を使わなくてもよいというメリットもあります。


このページの先頭へ