原付の保険ならファミリーバイク特約で決まり!

軽自動車 原付の保険

原付バイクのある家庭なら、軽自動車の場合でもファミリーバイク特約が絶対にお得です。

単独の任意保険は数万円の保険料になりますが、特約なら5千円~1万円程度で済みます。


この特約を付ける機会に、今より安い任意保険を一括見積もりで見つければさらにお得になります。


注目ファミリーバイク特約のメリット注目

・家族の誰であっても本体自動車保険と同じ補償(搭乗者傷害を除く)
・別居している子供でもOK、借りたバイクでもOK
・年齢制限も無く、原付の事故があっても本体の等級には影響無し

これほどメリットのある特約はほかにありません。
原付利用の家族ならぜひ活用するべきでしょう。


ファミリーバイク特約はどこの保険会社でも選ぶことができます。
一括見積もりで特約付きの自動車保険を今より安くしてしまいましょう。

※軽や自動二輪の任意保険でも、原付の保険が必要な場合ファミリーバイク特約をつけることができます。
特約を付けた今より安い任意保険が一括見積で見つかれば、ダブルのお得になります。


軽自動車 原付の保険|特約付きの最適な保険を一括見積もりで

軽自動車 原付の保険

原付特約(ファミリーバイク特約)は大体5千円~1万円で付けられますが、特約付きの任意保険料が安いのかは、特約だけを比較しても答えが出ません

ファミリー特約を含めた任意保険全体の保険料を比較する必要があります。


一括見積もりのメリットは一度に複数の任意保険を比較できることです。

チェックファミリーバイク特約など条件を設定して見積もり依頼ができる

チェックたった1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる

チェックメールや郵送で回答が届くので簡単・便利

チェック補償内容、事故対応、無料サービスも比較できる

チェック見積り費用は【 無料】

一括見積もりで特約をつけた最安の任意保険を見つけましょう。

ファミリーバイク特約の注意点

軽自動車 原付の保険

注目人身傷害型のファミリーバイク特約もある

いいこと尽くめのファミリーバイク特約ですが、一つだけ注意点があります。

それは、通常の(自損型の)ファミリーバイク特約では、搭乗者傷害保険が除外されていると言うことです。

運転者か同乗者が転倒事故などで怪我をした場合、ファミリーバイク特約だけでは治療費の補填ができないことになり、この点にはあらかじめ注意が必要です。

ファミリーバイク特約には、「自損型」「人傷型」とがあります。

「自損型」は、上記のように搭乗者傷害が補償されないタイプで、
「人傷型」は、主契約の任意保険に人身傷害補償保険が付帯している場合に選択でき、
運転者や同乗者のケガも補償するというタイプです。

人傷型を選択すれば搭乗者傷害保険が除外されるというファミリーバイク特約の唯一のデメリットを補うことができます。

ただし、全ての保険会社でこの「人傷型」が選べるわけではなく、現在のところ、最初から自損型であるか、人傷型であるかが決まってしまって場合も多いようです。

また、当然ですが「人傷型」を選択した場合には、その分保険料が上がることになります。

注目原付保険付きの任意保険を安くする

軽自動車の場合でも、原付の保険が必要な時、ファミリーバイク特約ほどいいこと尽くめの特約は珍しいでしょう。

家族の原付バイクでの通勤、通学なら迷わずにファミリーバイク特約を検討するべきです。

自動車保険の「ファミリーバイク特約」は、125cc以下のバイクを運転する家族の誰でも、対人・対物・自損事故について補償を受けることができます。

この特約をつければ、対人・対物事故では主契約と同額、自損事故では各社それぞれの取り扱いにより保険金額が支払われるという、原付バイクを利用する場合のこの上ない心強い味方となります。

さらに保険料の安い自動車保険に切り替えれば、この「ファミリーバイク特約」を付けた上で、自動車保険の保険料をこれまでより安くできるかも知れません。

原付保険を検討するときは、ぜひネットの一括見積もりでファミリーバイク特約付き自動車保険の見積もり比較を試して見ましょう。

家族のバイク補償という大きい安心が納得の価格で手に入ることを簡単に知ることができます。


このページの先頭へ