軽自動車の任意保険 相場が各社の一括比較でわかる

軽自動車 任意保険

経済的な軽自動車に似合う格安な任意保険(通販型等)、
実は事故対応などいざという時の顧客満足度もなかなか高いことが知られるようになって来ました。 (※オリコン顧客満足度調査…例年通販型各社が上位

あなたの軽自動車にピッタリの任意保険をお探しなら、まずは一括見積もりで相場を確認してみることをおすすめします。
一括見積もりは簡単な入力で複数社を自分の条件で比較することができます。

見積もりサイトでは各社の事故対応・ロードサービスの比較も見ることができ、安心して自分に合う任意保険を選ぶことができるでしょう。
毎年80万人以上が利用する一括見積もりは、上手な任意保険選びに欠かせません。


<一括見積もりの流れ>

①免許証、車検証、今の任意保険の保険証券を手もとに準備します。
(※初めての加入の場合は車の型式だけわかればOKです。)

②入力フォームに沿って情報を入力し、確認して送信します。
(入力は5分~15分程度で済みます。)

③メールまたは郵送で見積もりが届き、一覧で比較できます。

相場の安い・高いは「いざという時の安心」とは無関係

ポイント相場を知ると選び方が分かってくる

軽自動車の任意保険をお考えなら、まずは一括見積もり(※)で相場の様子を調べてみてください。
(※一括見積もり・・・完全無料で電話勧誘、加入義務などの心配が全くない見積もりサービス。)

軽自動車 任意保険

同じ補償内容、同じ加入条件なのに各保険会社の保険料に大きい差があることにきっと驚くことでしょう。
条件によっては1万円、2万円という差額が出るのも珍しいことではありません。

では、安い任意保険のいざという時の安心度はどうなのでしょうか。


ポイントむしろ安い任意保険の方が事故対応などの評価が高い

値段(保険料)が高いのに品質(事故対応等)が高いとは限らないのが自動車保険の不思議な点です。

各種の顧客満足度調査ではむしろ安い通販型各社の方が毎年ランキング上位を占めているのが現実です。
満足度ランキングの例・・・事故などで実際に保険を使った人10,000人による評価)

任意保険の場合は、高い保険料を払っても「安心」を買っていることにはならないのが実態です。


ポイント各社を一括比較して安い所に決めるのが上手な任意保険選び

「安いだけの自動車保険はいざという時心配」「補償や事故対応が劣るから安い」などという根も葉もない話にもう惑わされることはありません。

「安い通販型の方が顧客満足度が高い」というのは動かない事実であり、重要なポイントです。
2005年以降続いた自動車保険不払い事件の案件もほとんどが代理店型大手各社のものでした。

このポイントさえわかれば、安心して安い任意保険の中から自分に合う1社を選ぶことができるでしょう。
一括見積もりで選んだ保険会社から改めて個別に見積もりをとってみればなお安心です。

なぜ保険料が安いのに事故対応などの評価が高いのか

各種顧客満足度ランキングの評価は、「安く契約できてよかった」という評価ではなく、
実際に事故などで保険を使った人たちの体験に基づく評価です。

なぜ保険料が安いのにこのような評価になるのでしょうか。
逆に言えば、代理店型各社は保険料が高いのになぜ顧客の満足度が高くならないのでしょうか。

結論を先に言えば、代理店型各社では割高な保険料が事故対応などのサービス向上に充てられない形になっているということになります。

ポイント代理店手数料がサービスに還元されない単なる中間マージンになっている

ポイント代理店型各社の代理店手数料が保険料の10~20%にもなること
ポイントこの高額な手数料にふさわしい専業のプロ代理店は全体の1割程度しか居ない
ポイントさらに、そのプロ代理店といえども「事故対応」は法令で禁止されている

この3点が代理店型の真相を理解するためのポイントです。

つまり、いざという時の「事故対応」を本社が直接行うのは通販型でも代理店型でも全く同じことであり、割高の要因になっている「代理店」は事故対応の良否にほとんど関係のない存在だということです。

ネット等でよく見かける「いざという時は身近に頼りになる代理店があった方が安心」というコメントはほとんど根拠のない話だということになります。

事故などの際の代理店による仲介・あっせん等は法律で固く禁じられています。
いざという時代理店にできることはアドバイスくらいのものですが、的確なアドバイスができるかも知れない専業プロ代理店は業界全体でたった1割程度しか居ないのです。

ポイント「現場駆けつけ」より「初期対応」の方がはるかにありがたい

「いや代理店は現場に駆けつけることができる」という話があるかも知れません。
しかし、保険の素人であるクルマ販売店の方などに駆けつけてもらって、一体何の助けになるのでしょうか。

それよりは、通販型各社の方が圧倒的に充実している365日対応の初期対応サービスの方が契約者にとってははるかにありがたいサポートになります。
初期対応・・・事故直後のアドバイス、警察・相手方等への連絡、病院・修理工場・代車などの手配、その他)


通販型の任意保険は軽自動車に似合う

軽自動車 任意保険

注目基本のしくみが違う通販型と代理店型

一括見積もりを行ってみると保険料の安い任意保険は通販型(ダイレクト系)に多いことが分かります。

軽自動車でも保険会社によって保険料の違いが大きいことに驚くかも知れません。


通販型の保険料が安いのには明確な理由があります。
通販型は、代理店の手数料、支店経費などの中間コストを省略しているからです。

代理店手数料は保険料の10~20%といいますからこの差は決定的です。


代理店業界のおよそ9割が副業代理店という市場に、直接販売で「適正価格」を提示しているのが通販型だといえるでしょう。


通販型も代理店型も金融庁の厳格な認可・監督を受ける同格の保険事業です。

2005年以来続いた保険料未払い問題で公表された未払いの件数、金額のほとんどが代理店系大手各社のものでした。
このことは、「保険料が安いから出し渋りの心配がある」などという意見は何の根拠もないこと、むしろ保険料の高い代理店型大手で特約などの不払いが数多く発生してきたことを物語っています。


通販型であろうが代理店型大手であろうが、問題があれば金融庁が放って置かないということです。

合理的でエコノミーな通販型は、エコな軽自動車にピッタリの任意保険なのかもしれません。


注目通販型は事故の時大丈夫だろうか?

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型でも通販型でも同じことです。
代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。

事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。


ネットなどで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(およそ1割程度)という日本の市場の姿を表しています。

代理店が安心というのは、プロとしてのアドバイスが可能な専業の「プロ代理店」を通して契約する場合の話だと考えるべきです。


むしろ、通販型の任意保険の場合は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているというメリットがあります。


注目自動車保険の見直しでも等級の引継ぎは心配ありません

軽自動車 任意保険

一括見積で自動車保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、自動車保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わっても新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。


等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の自動車保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

自動車保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。



<軽自動車よもやま話>
軽自動車は売却する時でも値落ちの幅が小さいので有名。
軽自動車を高く売るコツはできるだけ多くの業者に査定してもらうことです。
査定額の競争で一番高くなったところに売却しましょう。

◆軽自動車の保険料は安いけれども各社の差が大きい

「任意保険料が軽自動車の維持費で最も高い」そのように思ったことはありませんか?

各社の価格の違いを知らずに高い任意保険料を払っているとしたら、軽自動車のメリットを半減させているのかもしれません。


確かに同じ保険会社では普通乗用車より軽の方が安いのが普通ですが、どの保険会社も同じような価格になっている訳ではありません。

中でも通販型と代理店型の任意保険料の差はとても大きく、軽自動車でも同じ車種・補償内容で任意保険料が数万円違うことも珍しくありません。


年間保険料が30,000円程度になり「普通乗用車より安い」と安心してはいけません。

保険会社を切り替えれば16,000円程度になるというような例も現実にあるのです。


軽自動車の任意保険が気になるなら、また、維持費をもっと安くしたいと思っているなら、ぜひ一度、一括見積もりで各社の比較をして見ることをおすすめします。


■軽自動車の任意保険の相場は一括見積もりで簡単にわかります

外圧が契機となった1998年の保険の自由化は、自動車保険に本当に大きい変化をもたらしました。

自動車保険の完全自由化によって、それまでの各社横並びの自動車保険は徐々に少なくなり、中間コストを省いたダイレクト系(通販型)や、欧米などではポピュラーになっているリスク細分が採用された保険が次々と登場しました。

現在自動車保険を扱う損保会社の数は24社にのぼるようですが、自動車保険は全体の姿がなかなか分かりにくいほど数多くの商品が販売されています。

中でも、外資系を中心にダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を欠けない"安さ")をセールスポイントに売上を伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各損保会社は激しい競争を行なっています。

私たち消費者にとってこのような状況は選ぶことのできる商品が多くあるという意味で結構なことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると、どれが自分に適している保険なのか簡単には判別できないようになりました。

自動車保険の一括見積もり無料サービスは、このような自動車保険選びの心強いサポートをしてくれ、今では賢い自動車保険選びにとって欠かせないサービスになったと言っていいでしょう。

エコな軽自動車の場合は任に保険もできるだけエコノミーで合理てきなものにしたいものです。

軽自動車の任意保険にも各社によってかなりの保険料の格差があり、1社ごとの見積もりではとても全貌を掴婿とはできません。

普通車に限らず、軽自動車の場合も、一括見積もりは任意保険選びに欠かせないサービスになったと言っていいでしょう。


■一括見積もりで自分の加入条件による比較を行う

軽自動車の任意保険でも、かつてのように「年齢や等級、車種がわかれば保険料の見当が付く」という意味での「相場」はもうなくなってしまったと言って良いでしょう。

「任意保険の相場を知る」というのは「各社の保険料の違いを知る」という意味のようになってしまいました。

任意保険の見直しを行う場合は、各社の保険料、補償内容、事故対応、無料サービスの違いが重要なポイントになります。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる

・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる

・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがあり、軽自動車の任意保険を「安くしたい!」「見直したい!」という時に大変便利で強力な助っ人になるサービスです。

各保険会社の現実の見積りによって行なう比較・検討ほど安心で確実なものはありません。

自動車保険更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

自動車保険各社による任意保険の保険料の違いに驚くと思います。

同じ条件なのになぜこんなに保険料が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。



このページの先頭へ